“私は認可保育園5年目の時に手取り19万程でしたが、研修やら行事やら子育て支援やらとにかくやることがあってサービス残業が多くて、転職を決意しました。
院内保育園で働いていますが残業はあまりありませんが、あっても100%もらえるし、自分の時間が増えてとても充実した日々を過ごしています!
どこの園でも子どもは可愛いものです。
保育士不足の今、働く園を選ぶ権利はこちら側にあります!!
給料面も含めて自分に合った園が見つかるといいですね。”

仕事探しで失敗しないための保育士向けサイトです。→ハローワーク 保育士 求人

“私も同じくらいの時、そんな感じでした。
いろいろ考えちゃいますよねぇ。
私は5年目で結婚で退職しました。
そのあとは10年以上保育とは関係ない仕事をいろいろしました。
パートですが。
販売だったり、接客だったり、事務だったり、工場だったり…。
で、我が子が大きくなったのをきっかけに保育の仕事に戻りました。
やっぱり、保育の現場が好きだなーって思いましたよ。
やっと戻ってこれた?って。

資格があると一旦離れても戻ることは可能です。
ブランクあっても、他のパートより時給も良かったりしますし。
私は他業種を見れたのも良かったなーと思ってます。
けど、続けていれば主任とかそんな役職もあったのかもしれません。
そうなれば手当てなんかでお給料も違ってきますしね。
けど私には家庭と仕事の両立は無理だなーと思うとこもあるので、今の感じで良かったのかなと。
せっかく取った資格、使わないなんて?と辞めたときは思ったんですが、使わなかったからとなくなったりしません。
10年経ってもブランクあっても役立ちます。

私の周りは保育の仕事を経て違う職に移った人がそこそこいます。
幼稚園・学童に移った人もいますし。
戻りたいと思ったらまた出来る仕事ですし、園によって全然保育内容が違ったりもしますし、移ってみるのも悪くないと思いますよ。
私が務めてたときは、他の保育園に移ってまた戻ってきた人もいましたしね。
他を見て、今の園のいいところが見えたりもしますし。
5年続けたわけですし、今が辛いなら環境変えてみるのもいいかもしれませんよ。
時期が時期ですから、今すぐ辞めるのはもう来年度の準備も入ってきてて厳しいでしょうから、あと1年いろいろ調べたりしてゆっくり考えてみてもいいのではないでしょうか。”

派遣社員は正社員とは違いますが、健康保険等に関しましては派遣会社を通じて入る事ができます。
また、やった事のない職種にも挑戦しやすく、派遣社員から正社員として雇用されるケースもあるのです。

新しい転職サイトであることから、案件の数自体は少ないですが、コンサルタントの質が良いので、よその転職サイトと比較しても、あなたの追い求める案件を見い出すことができるでしょう。

とにかく転職活動については、やる気に満ち溢れている時に一気に進展させるというのが鉄則だと言えます。
どうしてかと申しますと、時間をかけすぎると「転職しなくていいのでは」などと挫折してしまうことが稀ではないからです。

転職サイトはほとんど公開求人を取扱い、転職エージェントは公開求人はもとより、非公開求人を多種多様に取り扱っておりますから、紹介できる求人の数が比較にならないほど多いというわけです。

企業はどうしてお金を費やしてまで転職エージェントを活用し、非公開求人という形式で人材を集めるのかご存知でしょうか?
これに関して懇切丁寧に解説していきます。

キャリアを求める女性が一昔前より増えたとのことですが、女性の転職は男性と比較しても難儀な問題が稀ではなく、想定通りには事が進展しないようです。

転職したい気持ちがあっても躊躇してしまう背景に、「そこそこの給料がもらえる会社で仕事をすることができているので」というものがあります。
こういった人は、正直言ってそのまま勤めた方がよいと考えます。

昨今は、中途採用に力を入れている企業サイドも、女性ならではの力を必要としているらしく、女性限定で使用可能なサイトも増加しています。
そこで女性向けに作られた転職サイトをランキングの形にしてご披露させていただきます。

「どういうふうに就職活動を行っていくか全然わからない。」などと頭を抱えている方に、迅速に就職先を見つける為の大事な行動の仕方についてお教え致します。

定年に至るまで同一の職場で働く方は、段々減ってきているそうです。
近年は、多くの人が一度は転職するとされています。
そういった理由から頭に入れておきたいのが「転職エージェント」という転職専門集団の存在なのです。

ただ単に「女性の転職サイト」と言っても、求人の詳細部分に関してはサイトそれぞれで異なっています。
そういうわけで、最低3つ以上のサイトを活用するようにすれば、理想的な求人に出くわす確率が上がると断言します。

現在の業務で充分に満足感が得られていたり、職場環境が素晴らしいなら、今働いている職場で正社員になることを目指して頑張るべきだと言っておきます。

「仕事自体が好きになれない」、「就業中の雰囲気が好きになれない」、「スキルアップが可能な仕事に就きたい」という思いから転職したいとしても、上司に退職を告げるのは躊躇うものです。

注目されている5社の転職サイトの特徴を比較し、ランキング方式でアップしております。
自分自身が求める職種や条件に即した転職サイトを用いるべきだと思います。

就職活動を自分一人だけで行なうという方はあまり見られなくなりました。
今は転職エージェントと呼ばれている就職・転職についての色々なサービスを提供しているプロの専門業者に手伝ってもらうのが主流です。

関連記事