UVケアクリームが塗れないプールでの紫外線対策はコレだ!

最近では、日焼け止めが使えないプールが少なくありません。
普段からUVケアをしていない人でも、「プールの際はする」という方も多いはずです。

屋外にいる時間も長くなりますし、プールによっては日陰が少ない施設もあります。

また、日光が水面やタイルに反射して日焼けしやすい環境です。
普段は日焼け止めを使用していない方でも何かしらの対策をするはず。

それなのに、日焼け止めクリームが禁止されていたら・・・
そこで、どんな対策をしたらいいか紹介します。

日焼け止めクリーム以外での対策

UVケアクリームが使えないとなれば、一番に思いつくのはラッシュガードでの方法でしょう。

以前は、ラッシュガードといえば、サーフィン用として着用されるものでしたが、今は広く使われるようになっています。
プールなどでも、女性に限らず男性もラッシュガードを着て入水している方をよく見かけます。

種類も豊富にあって、長袖から半袖、手の甲まで覆うタイプなど。
着用することで、日焼けしやすい肩などが守られるので、とても役立ちます。

これまで、酷い日焼けに悩んでいた方にとっては、オススメのアイテムです。
更に、上半身だけではなく、下半身を紫外線から守るために、レギンスタイプも出ています。

水の中に浸かっている下半身も少なからず日光は当たりますから、両方を着用することで全身のケアができますね。

また、スライダーなどがあるプールでは、そのまま滑ると摩擦で肌に刺激を与えてしまいます。
そんな時にもラッシュガードは大活躍しますね。

日焼け止め対策について、私はここを参考にしました⇒海 日焼け止め

関連記事