乾燥肌は、カサカサするだけでなく、かゆみまで引き起こしまうやっかいな症状なのです。
そうなると、身体中がかゆくなり、かけばかくほどかゆみの範囲が広がっていくのです。
悪化すると、寝ていてもかゆみで目が覚め、血が出てきてしまうまでかきむしってしまうのです。
そして、かきむしり傷ができてしまうのです。
この傷はなかなか消えなく、シミのようなものになってしまうのです。
その辛さは、経験した人にしか分からないのです。
そうなった時の対処法は、初期の症状ならばとにかく保湿です。
冬になるとどうしても長風呂になってしまいます。
しかし、あまり長く湯船に浸かると体の油分が無くなりかゆくなってきてしまいます。
なので、入浴剤などでお湯を柔らかくし、お風呂から上がるとすぐに保湿クリームを塗れば乾燥は防げます。
しかし、症状が悪化してしまうと保湿だけではどうにもなりません。
場合によっては、保湿クリームさえ悪化させる原因となるのです。
そういう場合にはすぐに皮膚科へ行くことです。
皮膚科でかゆみ止めの塗り薬と飲み薬を処方してもらうとすぐに収まります。
とにかく、乾燥肌にならないように普段からの肌ケアをしておけは乾燥肌からくるトラブルは避けられるのです。

こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください⇒乾燥肌 かゆみ

関連記事


    皆さんはオイルでスキンケアをされていますか? オイリー肌の方は特に気が引けてしまって試したことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 よく耳にするのはオイルを肌に塗ってマッサージをするといったこ…


    自分の好きなケアを自分で行っていく事は大変重要な事となるのです。 自分の好きな商品を購入して楽しんでいく事は大変重要な事となるのです。 化粧水は大変多くの方にとっても自分を素敵に見せる為には大変重要な…