ウォータープルーフの日焼け止めのリスク!最小限の使用に留める

UVクリームは、間違えた使い方をすると、肌トラブルの原因となります。
特に、ウォータープルーフ。

汗っかきや日差しの強い場所では頼れる優れものですが、その反面、肌へのリスクがあります。

その原因は、ウォータープルーフに含まれている油分です。

この油分は専用のクレンジングを使わないと取れません。

油分が肌に残れば、肌には負担がかかり、黒ずみとなります。

クレンジングしたつもりでも、きちんと落としきれず残っている場合も少なくありません。

耐水性のある日焼け止めを使用した場合には、しっかりと落としきることが重要です。

また、ウォータープルーフはファンデーションなどよりも肌に密着します。
強力に密着することで、皮膚呼吸がしづらい状況となります。

呼吸ができなくなれば、ハリなどもなくなり、くすんだ色となり老け顔となります。

そのため、海やプール、紫外線の強い海外に行くときだけの使用に留めた方がいいでしょう。

日常のUVケアは普通の日焼け止めを塗りなすことで対処する

肌のことを考えると、普通の日焼け止めを使うほうが肌には負担がありません。

日常的なケアであれば、普通のUVクリームでも十分に対処できます。

こまめに塗りなおしをすることで、日焼けを防げます。

少し面倒だと感じるかと思いますが、肌への負担を考えるとリスクはありません。

つまり、紫外線レベルが強い場所ではウォータープルーフ、日常で使用する場合は普通の日焼け止め、というように状況によって使い分けることが重要です。

こちらも参考にしてください⇒海 日焼け止め

関連記事


    UVケアクリームが塗れないプールでの紫外線対策はコレだ! 最近では、日焼け止めが使えないプールが少なくありません。 普段からUVケアをしていない人でも、「プールの際はする」という方も多いはずです。 屋…