太陽光パネルの汚れ清掃や汚れ防止対策をする場合、信頼かつ保証がしっかりとした専門業者に依頼するのが一番安心できます。
しかし、メンテナンスフリーと言われ購入し、ランニングコストも掛からないと考えていたものに対し、高い費用を出すのに抵抗を感じる消費者も中にはいます。
太陽光パネル 汚れ 対策も参考にしてください。
そこで、DIYで汚れ清掃と汚れ防止対策をするという方もいますが、太陽光パネルにダメージを与えないようにするため注意するポイントがあります。
先ず、太陽光パネルの汚れはスポンジやブラシ、そして雑巾などを絶対に使用しないのが重要です。
太陽光パネルの汚れは、細かい砂や埃といった粒子が細かく硬いものが混じっているため、水を含んだスポンジやブラシ、そして雑巾で擦ることは表面の強化ガラスに傷を発生させてしまいます。
細かい傷が発生することで、光の透過性が悪くなるだけでなく、汚れの再付着に繋がるため、『磨く・擦る』といった動作をしない方が重要です。
また、パネル表面に圧力を掛けてしまうため、軽く拭き取る程度の作業が望ましくなります。
そこで、一番簡単な方法は汚れを浮かし落とすということであり、住宅洗剤を含ませた水で汚れを浮かして、『流してしまう』または『軽く吹き上げる』ということがポイントです。
これなら、表面を擦らず、圧力も掛けないため、パネル表面にダメージを与えずに済みます。
また、水道水をそのまま利用すると塩素やカルシウム分が乾いた後、パネル表面に付着することがあるため、水道水で流した後は浄水器をと通した水で軽く洗い流すなど2度洗いが重要です。
ただし、井戸水などの地下水は、有機物や無機物を多く含んでいることが多く、太陽光パネルの汚れとなってしまうため、絶対に利用を避けるのが重要です。
さらに、強化ガラスが利用されていることから、自動車用のコーティング剤を利用するのは絶対に避ける必要があり、コーティング剤の影響により強化ガラス表面の均一性が失われ、発電効率の低下に繋がってしまいます。
汚れ防止のために素人がコーティング剤を利用するというのは可能な限り避けるのがポイントです。
本来であれば、太陽光パネル表面の強化ガラスは滑りやすく、汚れも付着し難いという特徴があります。
定期的に軽い水洗いをすることで汚れの再付着防止に繋がり、高いランニングコストを払う必要が無くなります。
また、効率良く清掃を行う方法としては、晴れている日よりも雨が降る前に軽く清掃を行い、あとは自然の力で洗浄するというのが一番負担やリスクが少なく、コストパフォーマンスの良い汚れ対策となります。

関連記事


    太陽光発電を設置するに当たっての注意点として一番気を付けておく事は、台風等の強風への対策です。 現在日本で販売されている太陽光発電装置のメーカーやその設置業者に対しては、様々な過酷テストを行いそれをク…


    太陽光発電とは私たちの将来の暮らしを守るための画期とした発電です。 私たちの地球は地球温暖化という重大な問題を抱えています。 その原因となったのが二酸化炭素などによる温熱効果ガスです。 国はこの二酸化…


    ここ数年で太陽光発電システムの普及が急速に進みましたが、それと同時にトラブルも増加傾向にあるようです。 太陽光発電システムのトラブルで一番多く寄せられているのは、契約内容のトラブル・クレームです。 営…