膵臓がんは自覚症状が少ないこと、進行が速いことから臓器別がんの中でも早期発見が難しく、手術によって摘出・切除できる患者は非常に少なく、多くは抗がん剤による化学療法を主とした治療により、完治ではなく、がんの進行を抑制して延命を行うことになります。
しかし、抗がん剤は非常に薬効の強い薬ですから副作用も強く、脱毛や吐き気が生じる人も多く、中には副作用で死亡する人もいます。
そこで、自己免疫機能を高めたり、がん細胞の増殖を抑制する働きがあり、なおかつ副作用の少ない漢方薬が注目されています。


すい臓がんの治療法

上記のとおり、すい臓がんは進行が早く、手術・切除による治療が困難なため、抗がん剤による化学療法が主となります。
また、切除不能ではあるものの多臓器への転移がない場合、放射線療法が併用されることもあります。

その他、免疫細胞である細胞傷害性T細胞を活性化してがんの増殖・進行を抑える免疫療法、がんによる諸症状、痛みや苦痛を緩和し、QOLを保ちながら延命を試みる、いわゆる対処療法となる支持療法などがあります。
また、重量視線が一部のすい臓がんに有効であるとの報告もありますが、現在は保険適応外の先進医療として試験的に行われているにすぎません。


すい臓がんに漢方薬は効くのか

すい臓がんは完治ではなく、免疫機能を賦活化してがん細胞を排除したり、がん細胞の増殖を抑制することで、がんの退縮や進行を抑え、延命を試みる治療になります。
漢方薬の中には、こうした免疫機能を賦活化する働きを持つものが多くあります。

また、免疫機構が必要以上に異物を認識して攻撃しないように調整している制御性T細胞という細胞があります。
すい臓がんの患者では健康な人と比べて血中の制御性T細胞の数が多く、細胞傷害性T細胞ががん細胞を排除する働きを弱めていることがわかっています。
この制御性T細胞を減らすことができれば、がんの進行をより抑制することができるのです。


すい臓がんに効く薬

上記の免疫機能賦活化すなわち細胞傷害性T細胞の増加、制御性T細胞の現象に関して、十全大補湯という漢方薬を投与した研究があります。
徳島大学医学部消化器・移植外科の池本哲也先生の研究の概要がこちらに掲載されています。
URL:http://www.qlife-kampo.jp/feature/shohou_jyuzentaihotou/dr_ikemoto/story4991.html

池本先生らは、すい臓がんのうち最も進行しているとされているステージIVのaまたはbと診断された進行性すい臓がんの患者30人に十全大補湯を投与し、同数の健常人との制御性T細胞の数、CD4細胞(細胞障害性T細胞に司令を出すヘルパーT細胞)/CD8細胞(細胞障害性T細胞)の比を検討しました。
投与の方法は、食前1回2.5gを1日3回、14日間です。

結果、制御性T細胞の数は減り、CD4細胞/CD8細胞の比が高くなった=がん細胞排除を命令するヘルパーT細胞が増加したことがわかりました。
また、この実験による副作用は見られませんでした。
以上のことから、十全大補湯はすい臓がんの進行を抑え、免疫賦活効果を高めてくれる可能性があると言えるでしょう。

詳しくは以下をご確認ください。
↓↓↓↓↓↓
癌 漢方

心筋梗塞は朝の時間帯に襲ってくることが確率的に高いので、起床したら、取り敢えず200CCくらいの水分を摂りこむことをルールにして、「眠っている間に濃くなってしまった血液を薄める」ことが欠かせないと聞いています。
高血圧だと言われても、自覚症状を訴えてくるケースはあまりないのです。
とは言え、高血圧状態が保持されてしまいますと、その影響をまともに受けてしまう血管又は臓器には、多様な合併症が出ることになるとのことです。
ウォーキングと言えば、カラダ全体の筋肉もしくは神経を用いる有酸素運動と呼ばれるものです。
筋肉を太くするだけじゃなく、柔軟性も高めますので、筋肉痛とは縁遠くなることができます。
発見するのが遅れると、死んでしまう確率がアップしてしまう肺がんの重大なデンジャラス因子は喫煙で、タバコを手放せない人が肺がんに罹患してしまう危険度は、煙草を吸っていない方と比較して10倍を超すこともあるとされています。
女性ホルモンに関しましては、骨密度を守る作用があるとのことで、女性ホルモンの分泌が減ってきだす閉経する頃に骨粗しょう症になる人が多いと指摘されています。

健康診断の結果一覧を確かめて、動脈硬化が齎される因子が認められるのか否かを見極めて、危ないと思われる因子が見つかったら、早急に平常生活を再検証し、改善するように頑張ってください。
激しい運動をした際に、筋肉に痛みが出てくる状況が、筋肉痛と呼ばれるものです。
どうかすると、運動のみならず、単なる歩行さえ拒否したいほどの痛みを感じることがあります。
銘々に適応する薬を、専門の医師が必要なだけの量と期間を決定して処方することになるわけです。
あなた自身が、勝手に服用回数を減じたりストップしたりすることはせずに、指示通りに飲むことが必要とされます。
睡眠障害と言うのは、睡眠に纏わる病気全体を広範囲に意味している医学的な言葉で、夜中の睡眠が妨げられてしまうもの、白昼に瞼が重くなるものもその1つです。
単なる咳だと感じていたのに、危険な病気に冒されていたということもあるわけです。
特に病状が長期に亘っている方は、クリニックにて相談することが必要だと思われます。

体の何処にも、異常はないと思っているけど、手や腕だけが膨らんでいるという方は、血管狭窄が起因となる循環器系の異常であるとかそれなりの炎症があるはずです。
糖尿病だと決めつけられる数値にはないが、正常値だとも言えない血糖値状態を境界型と言われるのです。
境界型は糖尿病とは異なりますが、この先に糖尿病に罹ることが想像できる状態だということです。
自律神経とは、当事者の考えとは無関係に、勝手に体全部の動きを一定に管轄する神経で、「自律神経失調症」と称されるのは、その機能が悪くなる疾病です。
単なる風邪だと一顧だにせずにいて、酷い気管支炎に罹患してしまう例も稀ではなく高齢者の場合、気管支炎が進展して発症した肺炎のために死に至る症例が、死因の第3位にランクされているわけです。
胃もしくは腸の動きが減退する原因は、病気は当たり前として、体調不良・加齢、且つストレスです。
その他、明らかに原因だと公表されているのが、「暴飲暴食」です。

関連記事

    None Found